クリニック院長を顧客に持つ医療機器や検査会社の営業の皆さんへ
~クリニック経営士(事務長養成)3級講座~

【分かり難い経営ノウハウを効率的に学び、皆様の専門性に付け加えてみませんか?】

医療機器や検査会社の営業の皆さんへ

クリニック院長を顧客に持つ医療機器や検査会社の営業の皆さんへご提案です!

クリニック経営の全貌を俯瞰し、理解出来る日本で唯一の講座を受講してみませんか?

こんにちは!
株式会社メディエンスの代表取締役、池上文尋と申します。医療機関、院長先生をサポートする会社を興して、今年で22年になります。

この20年あまり、ずっと院長先生のクリニック経営の悩みに寄り添ってまいりました。
そこで分かったことがあります。それは下記の点です。

  • 1)院長は医療の専門家であり、経営の専門家ではないということ。
  • 2)医療機関は専門職のチームであり、人のマネジメントが重要であるし、トラブルや悩みが最も多い。
  • 3)院長が医療経営について相談できる人は非常に少ない、もしくはいない。
  • 4)クリニックに関わる税理士や社会保険労務士は医療経営全体を分かっているように見えるけど、実際は分かっていない人がほとんど。

そして、最も問題で不幸なのは

忙しさを理由に経営的課題を先送りして、クリニック運営をしていること

だと感じています。

高額な医療機器や日々活用する検査サービスや機器は医療サービス向上のために不可欠なものですが、いかんせん高額だったり、日々費用がかかったりと医療経営に影響するものが少なくありません。

しかし、医療経営を理解して、院長に提案をされている方は非常に少ないと感じております。(売ってしまえば勝ちというような発想が多いように思います)

今まではそんな営業の方法でも採用が成り立っていましたが、もうこれからは医療経営を理解した上での提案じゃないと不親切な業者だと思われる時代に突入していると思います。

これは私が言うよりも皆さんが日々、ひしひしと感じられていることだと思います。
そこで弊社が提供している「クリニック経営士講座」はそんな皆さまにクリニック経営のノウハウやコツを伝授する場となっております。

講座の概要について

制度・法律はもちろんのこと、ライフプラン、リスクマネジメント、広報、人事労務や自由診療など医療経営に関わる知識を半年間で学んでいく講座となります。

3級講座は医療経営の基礎を学び、事務長としての仕事の基礎的なことを理解・実行できることを目的としております。院長が話している内容が理解出来て、それに対して対処できるレベルと言えます。

また、医療機関での実習もあり、現場で学ぶ機会もあります。(現場のリアルと本音を理解することが出来ると思います)

知識を網羅的に学ぶこともメリットですが、一番のメリットは第一線の現場で活躍されている講師の先生方と知り合うことと同じような境遇の仲間と出会えることだと思っています。

同じ志を持つ仲間と経験豊富な師を持ちことは精神的にも安定し、正しい判断と行動をするための道しるべともなります。

  • 医療経営を理解し、より院長の悩みに寄り添いたいと思われている方
  • 経営面から自社の製品を伝えていきたい方
  • クライアントと製品とだけではなく、一人の知恵者、理解者としてありたい方

にお役に立てる内容かと思います。

ぜひこの機会に受講することをお勧めいたします。

受講者の声やプログラムの詳細情報を知りたい方は9月23日(20時~21時)にライブ動画配信(無料)を行う予定です。興味のある方はぜひご登録ください。(見逃し配信あり)

PAGE TOP